連絡先

〒130-0013
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 大学院情報学環
総合防災情報研究センター 関谷直也
 
FAX:03‐5841‐0379
TEL:03‐5841‐5924
MAIL:naoya [at] iii.u-tokyo.ac.jp

プロフィール

社会心理学(災害情報・環境情報の社会心理)、広告論・Public Relations論

  • 研究対象は、人為災害・自然災害など安全が関わる心理と情報の伝達です。
  • 研究手法は、調査系社会心理学になります。
  • アンケート、ヒアリング、グループインタビューなどによる社会調査を元に研究をしています。
  • メディア研究、マス・コミュニケーション研究、広報・広告研究、流行・流言・うわさなど集合現象

現在の仕事

専任:

東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター 准教授
福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 地域復興支援部門 客員准教授
静岡大学総合防災センター 客員准教授

兼任:

  • 早稲田大学大学院政治学研究科兼任講師「環境メディア論」

取得学位、取得大学名及び年月

  • 学士(総合政策学) 慶應義塾大学 1998年
  • 修士(社会情報学) 東京大学   2002年

 資格

  • 専門社会調査士(000673) 2005年10月 1日

学会・委員等

  • 日本災害情報学会企画委員会委員
  • 日本災害情報学会編集委員会副委員長
  • 日本社会情報学会編集委員会
  • 日本リスク研究学会編集委員会
  • 地域安全学会学術委員会
  • 日本自然災害学会災害情報委員会
  • 日本災害復興学会復興支援委員会
  • 日本マス・コミュニケーション学会企画委員会

受賞歴

  • 2017年6月 地域安全学会優秀発表賞(斎藤さやか・関谷直也,2106,地震発生確率とリスク認知―地震動予測地図の認識に関する基礎的検討,地域安全学会第40回研究発表大会(春季)石垣市商工会館:石垣市)
  • 2017年6月 地域安全学会年間優秀論文賞(関谷直也,2016,東京電力福島第一原子力発電所事故後の放射性物質汚染に関する消費者心理の調査研究―福島における農業の再生,風評被害払拭のための要因分析―,地域安全学会論文集,No.29
  • 2015年9月 日本広報学会賞教育・実践貢献賞(『広報・PR論ーパブリック・リレーションズの理論と実際』,2014,有斐閣)
  • 2013年11月 地域安全学会賞優秀発表賞(関谷直也・安本真也・上田彰・後藤あずみ,デジタルサイネージにおける降雨情報ならびに防災啓発情報伝達のための効果的なデザインの検討,第35回地域安全学会研究発表大会(秋季),静岡県地震防災センター)
  • 2012年 9月 日本社会情報学会賞 優秀文献賞(『風評被害―そのメカニズムを考える』)
  • 2010年 9月 日本自然災害学会 学術発表優秀賞(地震時の避難-2007年新潟県中越沖地震における負傷者の避難行動調査-,第29回日本自然災害学会学術講演会,岐阜大学:岐阜市)
  • 2009年11月 日本広報学会賞 優秀研究奨励賞(『環境広告の心理と戦略』(同友館))
  • 2009年11月 日本広告学会賞 学術部門(図書)(『環境広告の心理と戦略』(同友館))
  • 2007年11月 日本災害情報学会 学術貢献賞 廣井賞(風評被害に関する総合的研究)
  • 2007年 9月 日本自然災害学会 学術発表優秀賞(2007年新潟県中越沖地震と柏埼刈羽原子力発電所に対する住民意識と情報面の課題,第26回日本自然災害学会学術講演会,北海道大学:札幌市)
  • 2006年11月 吉田秀雄賞第一席(吉田秀雄記念事業財団)「環境広告と社会心理」に関する総合的研究―環境広告の変遷、表現手法、社会心理との関係性についての実証的研究―

(その他の受賞)

  • 1995年 全関東学生弓道選手権準優勝
  • 1996年 全日本学生弓道選手権準優勝
  • 1998年 慶應義塾體育會功労賞
  • 2003年 文京区スポーツ功労賞
  • 2005年 全国青年大会団体3位